勉強を得意にするには、どうすればいいでしょうか?

桜林塾

お子さんが行き詰まっている理由にもよりますが、「習慣」「マインド」「トレーニング」の3つを改めていくことで、勉強は次第に得意になっていきます。
特に、テストの点数という形で、数字で結果に表れてくるためには、前提として「習慣」と「マインド」を整えていく必要があります。
自らの力だけで点数を上げていくための努力や、勉強の仕方がわかるようになるためには、試行錯誤を繰り返すための「習慣」と、試行錯誤を繰り返そうとする「マインド」が必要なのです。

苦手科目を、どうやって得意にすればいいのでしょうか?

桜林塾

それぞれの科目の特徴を把握する必要があります。
得意にするための方法論自体は、言葉にするのは実はとても簡単です。
例えば英語であれば、
①教科書本文をスラスラと日本語に訳せる
②訳した日本語と、教科書本文の中で、テストに出題される箇所を把握する
③訳した日本語をもとに、口頭で英文が言える
④訳した日本語をもとに、英文が書ける
というステップを踏めば、必ず点数を上げることができます。

夜、遅くまで起きているようです。どうすればいいでしょうか?

21時を過ぎたらブレーカーを落としちゃいましょう。